包茎に関する知識

包茎矯正にはテープが良い?【話題の噂を検証・調べてみた】

包茎にはテープが良い?

きのこ

・包茎を治すためにテープが良いと聞いた事がある。

・実際に包茎をテープで治せるのか知りたい!

・仮性包茎を矯正したいと思っている。

今回はこんな疑問を中心に答えていきます。

私は元々は仮性包茎で諸々あって真性包茎に、そして包茎手術を受けてズルムケになった20代男性です。

私もそうでしたが包茎を治す方法について、色々と調べているかと思います。

調べている中で、

包茎をテープで矯正する

という方法を聞いた事があるでしょうか?

実は包茎を矯正する方法でこのテープで矯正する話はネットで散見されます。

今回本記事では、包茎をテープで矯正する方法について検証していきます。

ちなみに初めに言っておくと、

私個人の考えとしては、包茎は包茎手術で治すのが安全でコスパが良いです。

※包茎全般に関しては以下のまとめ記事を参考にどうぞ🔽

包茎手術のまとめ
包茎手術の完全マップ【手術前から手術後まで総まとめ】

続きを見る

包茎矯正にはテープが良い?

包茎矯正にはテープが良い?

先日、グーグルさんで『包茎』と入力したところ、「包茎 テープ」という予測変換が出てきました。

テープ?

恥ずかしながら包茎にテープが使われるとは初耳でした。

よくあるのが矯正器具のリングですが、テープとは何なのか?

私はすでに手術済なので用は無いのだが、ついつい好奇心が湧き上がり調べてみました。

包茎の矯正に使われるテープとは?

そもそも包茎の矯正に使われるテープとはどんなものなのか?

テープといっても幅広いですが、

私はテープと聞いて最初に浮かんだのが『セロテープ』だった。

実際に調べてみたところ、「医療用テープ」を使う手段があるそうです。

医療用テープとはいわゆる、『絆創膏』や『防水フィルム』を指すそうです。

テープの使い方としては、

テープの使い方

①包皮をカリの下まで剥く

②ペニスの裏筋で剥いている包皮をテープで縦どめする

③縦どめしたテープの上にテープを横に上から貼る(ペニスを半周〜1周ぐるっと巻く)

④お風呂に入るタイミングでテープを交換する。

これを毎日繰り返すそうです。

なぜ包茎の矯正に医療用テープなのか

なぜ包茎の矯正に医療用テープなのか

正直セロテープでも良いじゃん!と思ったあなた。

医療用テープがおすすめされる理由はしっかりあります。

包皮に優しい

実はセロテープは結構粘着力があります。

実際に腕など肌に貼ると分かるが、剥がすときに皮膚の油や組織も一緒に剥がれてしまいます。

その点医療用テープの場合、人の肌に貼る事前提で作られています。

そのため、肌の組織や角質をあまり剥がさないように出来ているのである。

それに加えて衛生面もしっかりしている(滅菌されている)、伸縮性があるので剥がれにくいというメリットがあるのです。

柔らかく蒸れにくい

キズパワーパットなどをイメージすると分かりやすいが、医療用テープは柔らかい作りになっています。

そのためパンツを履いて歩いても、チクチクせず肌に密着します。

また蒸れにくいので痒くなりにくいのも特徴です。

安くてバレにくい

医療用テープと言っても市販のものなので、400円前後でチャレンジ出来るのはメリットかなと思います。

包茎矯正をテープで行う検証のまとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は包茎の矯正でテープを使う事について紹介しました。

仮性包茎である事が絶対条件

上記にて使い方を紹介しましたが、そもそも皮がカリの下まで剥けないとこの方法は使えません。

真性包茎・カントン包茎の人が無理に剥いてしまうと、包皮の出血やペニスのうっ血を招いてしまいます。

衛生面はGOOD

これは他の矯正器具と比較すると、衛生面は良いかと思います。

医療用の絆創膏・テープは1枚1枚が個包装になっており、滅菌されています。

この手法を考えた人は天才だなと思いました笑

ただしケチって毎日交換しないのはNGです。

まとめ

私の経験から正直な事を言うと、包茎手術を受けるのが1番です。

ただし、包茎手術は費用が多くかかります。

その点当手法はローコストで出来るので試す価値はあるのかな、と思います。

ただし、真性・カントン包茎はこの方法はNGです。

下手に皮を強く向くと炎症・うっ血のリスクが高まります。

残念ながら真性・カントン包茎は手術を受けるのが1番です。

真性包茎、カントン包茎の人は、1度クリニックで無料カウンセリングを受ける事をおすすめします!

まずはプロの意見を聞いて、自分でどうするか決めるのが1番です。

私が実際に包茎手術を受けた話・無料カウンセリングを受けた話もあるので、参考にしてみてください。

以上。

包茎手術のクリック選びと無料カウンセリングについて

私の体験談の参考記事はこちら

※包茎に悩んでいる方は必見です!

-包茎に関する知識

© 2021 私の包茎手術〜体験談やおすすめクリニックなど解説するブログ〜 Powered by AFFINGER5